Your search results

なぜ今、タイ東部海岸に注目が集まっているのか

Posted by パタヤグローリー on 2019年1月31日
| 0

The-Riviera-Wongamat-Beach

東部経済回廊(EEC)開発の中心としてしられるタイ東部海岸は、今後のタイ経済の発展にとって非常に重要です。チョンブリ、チャチェンサオ、ラヨーン、サムットプラカーンの広大な4地域にまたがる海岸は、タイの輸出産業のるつぼとも言われます。これらの地域においては港湾開発も次々と進み、様々な輸出製品をコンテナで運送できるようになり、東南アジア地域内において戦略的な地理的位置となりました。タイ人はもちろんのことASEAN各国から安価な労働者が集い、海外から多額の資金注入により工業地帯で様々な製品が製造され、生産と利益がうなぎのぼりであることは言うまでもありません。

日本の自動車会社を中心に多くの外国企業がこの地域に注目しています。すでに多くの工場や商業施設が建てられ、タイ政府もまたその動きを奨励するようにインフラを充実させる方針です。その結果、これまで以上の加速度を持って地域開発が進んでいます。その恩恵を受けた代表的な地域がパタヤです。これまではパタヤビーチ沿いに魅せられた観光客の集まる地域でしたが、現在は工業地域へ通う労働者が居住地として最も好むのがパタヤであり、さらなる観光客の増大と合わさり、住宅、ホテル、商業施設が次々と建設されています。パタヤはスワンナプーム空港からの交通の利便が良いことも、交通渋滞で混雑するバンコク中心地に比べて優位性があります。

仕事の関係で家族一緒にパタヤへ移住する人々が増え、インターナショナルスクールも賑わいを見せています。ショッピングモールもバンコクに匹敵する規模です。レストランや娯楽施設も豊富です。パタヤ地域全体がもともと有する魅力と合わさり、製造業による発展も加わり、今後どれだけの恩恵を受けるのか想像もつきません。

これまでは、パタヤといえば中心地から南に位置するプラトゥムナックやジョムティエンに居住用コンドミニアムに人気が集まっていましたが、最近になって人気が急上昇なのがナクルア、ウォンアマットエリアです。一つの注目すべきコンドミニアムに、リビエラウォンアマットビーチが上げられます。当コンドミニアムは高級仕様でありながら他地域に比べて安価であり、子供用プール、スカイテラス、オープンスタイルのフィットネス施設等、全世代に好まれる設備が揃っています。

今後もますます開発が進むパタヤ地域が、バンコクに匹敵する第二の都市と変貌を遂げるのは時間の問題でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings