Your search results

バンコク不動産、買うならここの物件

Posted by パタヤグローリー on 2018年9月7日
| 0

平年より多くの不動産物件が、今年はバンコクでより多く供給されていますが、特に、トンロー(Thong Lor)、パヤタイ(Phaya Thai)、チャランサニットウォン通り(Charan Sanitwong Road)は最も人気がある場所として、地元メディアは報道しています。2018年を通じて、60,000戸以上に当たる新築のマンションがバンコクで販売される予定となっており、一昨年よりも増加した昨年度の58,424件よりさらに増加しています。

「デベロッパーは、新設の鉄道ラインに沿うエリアにおける市場に自信を持って、新しいコンドミニアムプロジェクトを立ち上げ続けています。」と、毎年のタイ不動産の市場価格やSQMの推移などを調査・公表する不動産コンサルタントのコリアーズインターナショナルタイのリサーチ部門シニアマネージャーを務めるPhattarachai Taweewong氏は語りました。「中堅から上級のセグメントは引き続き健全な成長を見せているが、ローエンド市場は減速するだろう。」と続けて述べています。

ここ数年の需要増が見られるトンロー地区(Thong Lor)は、2018年にそれぞれのエリアに分かれた11の不動産プロジェクトの開発が進行し、年内に3,300ユニットを提供する計画となっています。最低販売価格で1平方メートル当たり250万バーツから始まるものと見られます。以前に所有した土地を用いて開発するのが一般的ですが、トンロー地区の供給量はそれを上回っており、現存する土地を購入し大規模な開発を進めるデベロッパーがトンロー地区ではほとんどです。Land&HousesとAnandaは、Thong Lor通りのSukhumvit 38通りに新しいコンドミニアムを建設し、SansiriはBangkok Sky Sukhumvit 34社から土地を購入し、その土地でプロジェクトを開発する計画です。一方、Origin PropertyはThong Lor 10通りのユニットを、またChewathaiはThong Lor 20通りに新たなコンドミニアムを建設しています。

パヤタイ地区には、今年開始されたOrigin、Land&Houses、AP Thailand、Pruksa Real Estate、Sansiriが共同で5つのプロジェクトを開発し、少なくとも2,000戸のコンドミニアムが販売されます。Tha PhraからBang Sueまでを繋ぐBlue Line鉄道網の延長がほぼ完了し、Charan Sanitwong通りは新たなコンドミニアム市場となっています。

「Charan Sanitwong通りは低価格層から中堅層向けの不動産市場であり、依然として低迷しています。」とPhattarachai氏は述べています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings