Your search results

タイ不動産市場は今年5%増加

Posted by パタヤグローリー on 2018年9月6日
| 0

タイ国内の主要なデベロッパー、不動産会社の関係者は、「今年の第1四半期にタイ不動産市況が大幅な成長を記録した後、年間を通じ、5%の市場拡大を予測している」と明かしていることを地元メディアが報じています。不動産デベロッパーのうち9社が、昨年対比で大幅な純利益増が見られる。

AP(Thailand)は2018年第1四半期の純利益が47%増、との堅調な伸びだったことを明らかにした。健全な業績は、低価格層向けへの積極的なアプローチにも成功し、プレビルドの販売も好調なため当初の想定を上回る結果となりました。

「全体的な市場の見通しとしては、低層セクターがまず非常に良好ということです。過去数年間のうちでも最大限にAPはプリセールで低価格層向け住宅を販売し、高収益を実現しました。さらにいくつかの新規プロジェクトを建設する方向で事業計画を再調整しました。2018年、APは創業以来で最も多くの数の新規プロジェクト計画を立ち上げる予定です」と、APのアナプン・アサブ・ホーキン最高経営責任者は述べました。

続いてOrigin Property社の最高経営責任者Peerapong Jaroon-Ekは、タイの不動産市場について楽観的に捉えています。オリジン社は、今年第1四半期の純利益が4億8,890万ドルに到達し、前年同期比で184%の増加となりました。Origin Property社はユニット販売が好調でした。

「第1四半期の売上高だけで見れば、前年同期比255%増の50億9,000万バーツでした。これはタイ住宅市場が好調な需要に下支えされている傾向を示しています。私たちは、景気の改善に沿って市況が回復している様を見て楽しんでいます。このまま住宅需要が増加していけば、プリセールで今年末までに200億バーツを売り上げ、総収入は150億バーツになるでしょう。」

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings