Your search results

タイで不動産収益を上げるには、長期賃貸か短期賃貸か

Posted by パタヤグローリー on 2017年1月11日
| 0

modern interior. 3d concept

不動産投資で収益を上げるには、短期で売却を狙うか、長期で賃貸収益を上げるか判断するのに役立つ記事です。不動産投資戦略の一環として固定資産を運用に回すなら、健全で持続的な賃貸利回りを生み出すことが不可欠です。賃貸を続けていつ売却するのか見極めが重要であり、それはつまり財産を短期的に、または長期的に放棄する検討と同じです。

タイ国内では、休暇の間だけ別荘を利用する短期賃貸の需要が高く、タイ人のオーナーは、短期貸しのほうがより高い家賃を設定できるため多くの家主が短期賃貸を選びがちですが、家賃が高ければ高いほど相応たる理由が必要ですしリスクも高いと言えます。

 

物件に居住者がいない空白期間

長期の賃貸は、期間全体にわたって賃料が保証されますが、年間の利益は短期の賃貸に劣るかもしれません。逆に、短期なら収入がない空白期間ができる可能性が高まります。年間の家賃を計算し空白期間を考慮すれば、自然と短期賃貸と長期賃貸のギャップは埋められるはずです。短期賃貸は一つの戦略と捉えて、長期賃貸で納得できる料金設定をしてください。書類手続き、クライアントとのやり取り等々、賃貸契約は不動産を運用するビジネスです。

 

管理費、清掃費、その他の経費

賃貸を短期間で契約するなら、不動産物件の入出に伴う様々な管理経費を考慮しなければなりません。入居者の入れ替えに当たっては清掃が必要なため、清掃費がその都度かかってしまいます。コンドミニアムの管理オフィスで、清掃の手配、鍵の受け渡しなどがスムーズに行えるよう、事前に話を聞いておくと良いでしょう。

 

大型家具、生活用具、インテリアなど

短期間で住居を賃貸する人は、スーツケース一つで到着してすぐ生活できる状態だけを求めます。そのため、タオル、寝具、テレビ、冷蔵庫などの電気製品はすべてを提供する必要がありますが、長期的な賃貸になると居住者が好みの日用品、新しいインテリアを買うことが多いようです。そのため、大型の家具、家電以外は大きな問題になりません。

 

コンドミニアムにホテル営業許可があるか

一部の地区、建物によってはホテル営業に影響を与えるため、日割りによる宿泊をホテル業ライセンスなしに許可されていません。ホテル運営と一体型のコンドミニアムは建設時に計画が承認されているため問題ありません。すでに建設されたコンドミニアムでホテル営業許可を取得していない場合、館内設備、フロントサービスの不十分な点を指摘されて、大きな問題に巻き込まれる恐れがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings