Your search results

バンコクのデベロッパーは不動産プロジェクトに革新技術を導入

Posted by パタヤグローリー on 2017年5月5日
| 0

Developers Getting Creative For Bangkok Projects

現在のバンコクで理想とされるコンドミニアム開発は、すべての価格帯において、最先端の革新技術を取り入れた機能を備える高品質のプロジェクトです。インターネットを利用したICT技術は、不動産にも活用され始めています。

「土地価格は絶え間なく上昇を続けているため、多くのデベロッパーは価値ある提案を最大化するため、革新的な方法を選択しているようです。この傾向は、デベロッパーがエンドユーザーに大きな価値を提供しつつバンコクの未来を導くかのような方向性を示しています。不動産物件のみならず様々な製品の品質を向上させる技術に加え、持続可能な成長を試みるプラクティスが始まりました。今後の成功はこれまでの経験がモノを言うでしょう」とCBRE Thailandのマネジングディレクター、Aliwassa Pathnadabutr氏は言います。

バンコクの不動産開発会社は、住宅開発プロジェクトであろうと複合的な開発であろうと、エコ・グリーン化と新技術の導入に注力しています。そこを利用する住民、訪問者、労働者の生活をより便利にすることを目標に掲げています。特に複合的な施設の開発については、住居、事務所、小売スペース、全てのグループに対応する方法を見つける必要があります。

マグノリア・クオリティ・デベロップメント・コーポレーション(Magnolia Quality Development Corp)は、この手の新しいスタイルによる開発の先導者として注目を浴びています。同社の最新プロジェクトのIconsiamとWhizdom 101は、ライフスタイルの向上を促進するために設計された大規模な複合開発です。居住者、訪問者のコミュニティーの構築、オフィス労働者の快適な環境、リテール運営の経済活動を助長するプレースメイキングは、今後の不動産開発をインスパイアします。

「5〜10年後は、バンコクで最もエキサイティングな不動産開発が待っています。それぞれの建造物が発信するライフスタイルの変化は、バンコクのダウンタウンに住む人々のライフスタイルに改善策を訴え続けるでしょう」とAliwassa氏は語ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings