Your search results

不動産専門家が外国投資家のための新しいリース契約条件をサポート

Posted by パタヤグローリー on 2017年5月4日
| 0

Real Estate Experts Support New Lease Terms For Foreign Investors

タイ政府は、外国人投資家に99年の土地リースを与える資格について検討しており、不動産専門家はこの動きをサポートしていると地元メディアが報道しています。まだ何も決定されていないが、提案された規制緩和では、指定された場所に限り借地権を30年から99年に増加させる計画です。

不動産業の専門家は住宅向け、商業向け不動産の長期リース契約がタイ経済の景気回復に役立つと考えている。また、タイへの投資を拡大する外国人投資家からの信頼も向上します。

現在の法律では、30年の土地リース契約に加え、30年間の借地権更新は認められていますが、更なる長期化は外国人投資家にとって安心感を生みます。「シンガポールとマレーシアのように、99年まで外国人投資家が土地リースを保有し、住宅を購入することが可能になれば、タイはアセアン経済共同体のゲートウェイとして住宅不動産への需要が高まるだろう」とタイコンドミニアム協会会長のプラサート氏はThe Nationの取材に答えています。

タイ政府は、まず東部経済回廊(EEC)特別経済区の借地権を99年に延長することから検討に入っています。最初のリース期間は50年間、さらに49年間の更新が認められる方向性が議会に示されています。現在行われている30年の賃貸借契約期間は、投資に不確実性を生み出すため、外国人投資家にとって魅力的ではありません。土地所有者が30年の期間を終了した後に、更新契約の変更を求める可能性を排除できないためです。

「EECゾーンに限定されているとはいえ、30年から99年までのリース契約は、投資を拡大する重要な要因と外国人投資家に見られるだろう」と、カンダグループのイサラ・ブンヨン最高経営責任者(CEO)は述べています。

パタヤコンドライフを
いいね!でサポート

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Compare Listings