Your search results

中国人の長期滞在者を誘致するタイ政府の思惑

Posted by パタヤグローリー on 2017年4月19日
| 0

thailand-goverment-aim-chinese-expats

タイ政府は、エリートビザプログラムを通じて中国人移住者を誘致

タイ政府は、世界的な外国移住アドバイザリー会社であるHenley&Partnersに、タイ・エリートビザのプロモーションを依頼したことを明らかにしました。タイ政府は、エリートビザ・プログラムを、中国人とマカオからのタイ移住希望者に向けてプロモートしたいと考えています。

エリートビザには、タイ長期滞在を希望する個人のさまざまなニーズに合わせて設計された7つのプログラムがあります。最高級の「Elite Ultimate Privilege」は、20年間タイに住む権利を付与します。タイ国内外どこにいても更新が可能で、ビザ取得費用は約60,000ドルで年会費が別に600ドル掛かります。

10年間有効なエリートビザは、「Elite Privilege Access」と呼ばれ、10年間の滞在が有効な権利を付与されます。料金は30,000ドルです。労働をせずに長期移住を叶えたい富裕層にとって最適なビザプログラムです。エリートビザは、世界中の裕福層に向けて制度設計がされました。タイの生活水準と、魅力的な税制(節税)を活かすには有効といえます。

不動産会社CBRE Thailandが公表するデータによれば、日本人が最大の取得人数で、次に中国人が続きます。タイに住む中国人の数は、過去5年間で50%も増加しています。タイは中国人の外国訪問先リストのトップに位置しているので、タイ・エリートビザのプロモーションは今後も推進されると見込まれます。

出典: Thailand Property

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings