Your search results

パタヤの高齢者向け住宅不動産開発プロジェクトRattana Village

Posted by パタヤグローリー on 2017年4月18日
| 0

Rattana-Village-Pattaya

タイの不動産市場において、高齢者向け住宅は成長傾向にあります。世界的に高齢者は増加しており、退職してスローライフを満喫するため、多くの外国人がタイに来ています。これらの外国人高齢者増加に対応するため、高齢者や障害者に向けたバリアフリー機能を備えたプロジェクトが現在パタヤで開発されています。

ザパタヤニュースによれば、パタヤは高齢者に特化した住宅向け不動産を開発する一つの地域です。そんな不動産物件プロジェクトのひとつ“Rattana Village”には、足腰を悪くした老人や若い世代とは異なるライフスタイルを欲する高齢者の生活を支えるための様々な機能を備えます。

この住宅開発プロジェクトはパタヤ市内中心部から車で約15分です。9ライの広大な土地に建設された16のバンガロータイプの集合住宅で、物件はすでに第一プロジェクトを完成しています。現在は第2段階の建造物の工事に取り掛かっており、今年後半には完成した8棟を追加する予定です。

プロジェクト全体がバリアフリーで平坦な土地に作られており、車いすの人にも簡単に移動できるよう工夫がされています。住宅内や共有施設の建物には、エレベーターも設置されています。スイミングプール、ジャグジー、車庫のリモートエントリーゲート、セキュリティ機能を含んだオプションも充実しています。プロジェクト内の全ての共有スペースは、高齢者にとって素晴らしい生活空間となっています。

“Rattana Village”は、2ベッドルーム、3ベッドルームなど3タイプのユニットがあります。デベロッパーは転売目的の購入を認めておらず、また賃貸については最低でも2年間以上の契約にサインが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings