Your search results

バンコクの駐在員が好む不動産立地の多様性

Posted by パタヤグローリー on 2017年4月8日
| 0

タイ不動産に限らず、どこに住むにしても人々が最も気にするのは立地です。タイで行った不動産市場調査によると、消費者は不動産を購入する主な理由として「Location」を一番にランク付けしていました。タイは、現地人だけでなく海外からのバイヤー、投資家が不動産需要の大部分を占めています。タイの不動産への関心が高い理由は、自国での不動産価格よりもはるかに低い料金、税金、様々な諸経費に加え、賃貸需要が高くハイリターンな収益が望めるためです。

さて、過去数年間の不動産供給により、外国人投資家、移住する居住者の双方にとって、最も魅力的な4つの立地が浮かび上がりました。人気を支えるのは、公共交通機関へのアクセス、職場、インターナショナルスクール、ショッピング施設に近いというものです。居住に対する需要は様々なタイプがあります。家族で穏やかに過ごしたい人々は、独身の駐在員が好むようなナイトライフ施設が多くある場所には住みたがりません。

外国人が購入したコンドミニアムの半分以上はバンコクにあり、残りの半分は、ホアヒン、パタヤ、プーケット、チェンマイなどの観光地です。とりわけ、企業に務めることを希望する駐在員はバンコクのプライムエリアのコンドミニアムを好む傾向にあり、公共交通機関を利用して通勤時間を短くしたいと考えています。利益を追求する外国人投資家は、タイ不動産の利回りにばかり関心があり、賃貸需要が高いハイエンドなマンションを探しています。

さらに、公共交通機関の近くでなくても問題ないケースがあります。タイで雇用されているほとんどの駐在員は、バンコクのCBD(中央ビジネス地区)を拠点としています。そのため、CBDに位置するマンションであれば、電車を使用しなくても徒歩またはバイクタクシーで簡単に職場へ行くことができます。サトーン、シーロム、プロンポン、アソーク、トンローなどのコンドミニアムは、バンコクで最高クラスのマンション販売価格を誇っているのはそのような労働環境事情があるからです。通常は高額すぎる家賃で手が出せない駐在員が多いいため、企業が家賃補助を提供する場合がほとんどです。

インターナショナルスクールの存在も見逃せません。家族揃って外国から移住してくる場合、子供達は100%近くインターナショナルスクールで授業を受けています。家族が住めるような広めのユニットで、そのような学校が近くにあるコンドミニアムは、今後も強い需要があると予測されています。

独身の外国人駐在員は、ナイトライフ施設が近くにあるコンドミニアムを最も魅力的と感じるようです。彼らは仕事の後、疲れを癒すためにバンコクの繁華街でくつろいでいます。母国の雰囲気をバンコクでも味わいたいため、自国の料理、お酒が楽しめるレンストランバーに毎晩通う者も見られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings