Your search results

低価格帯の不動産開発プロジェクトは実体ある安定需要

Posted by パタヤグローリー on 2017年4月1日
| 0
small-developers-projects-demand-for-low-income-customer

出典: Booking.com(Duplex21 Apartment)

タイで有数の著名なデベロッパーは、公共交通機関に近い場所を確保し、高級なコンドミニアム建設を急ぐ反面、新興会社の不動産開発は主要道路から離れた小道で行われています。一見、立地が良くないためこれらの不動産物件を魅力的に思えないかもしれませんが、料金が控えめな低層型住居には、大企業にはとても真似できない利点があります。これは、バンコク不動産市場が先進国で見られるバブル不況に陥らないことの証とも言えるかもしれません。

もちろん、評判の良い大手不動産開発会社が持つブランドと公共交通機関の近接性は、コンドミニアムを選ぶ際の第一優先事項ですが、予算とライフスタイルを考慮しなければならないことも事実です。タイ政府は過密状態の都市部以外で、建造物の高さ制限を実施しているため、主要な公共交通機関から少し離れたところには、小規模な開発会社が手がける低価格帯のコンドミニアムプロジェクトが多数存在します。主要道路から離れていることで、混雑した都市部の高層コンドミニアムよりも、住民に平穏な環境を提供することもできます。

さらに、タイの特徴として、小さな通りには路面に沿ったオートバイのタクシーサービスポイントが散在しているため、市民は比較的低コストで最寄りのバス停、BTS駅などに容易なアクセスが可能です。低コストで渋滞知らずのバイクタクシーを利用することで、主要道路との距離の問題は効果的に解決できます。高級コンドミニアムは、ハイエンドのデパート、ショッピングモールや豪華なライフスタイルを提供する複合施設に近い立地が要求されますが、対照的に、小規模な不動産開発プロジェクトは新鮮な地元の市場や学校に通いやすい場所に建てられることが多く、低所得の消費者が求める需要にますます適しています。

そして、低価格帯の居住向けコンドミニアムや住宅開発が持つ最大の利点は、投資家、転売目的の野心的で人為的な価格変動に巻き込まれにくいことです。実態がある居住目的の需要は、通常、一定ペースで徐々に伸びていきます。物件に対する住民の出入りも激しくないので、安定した不動産供給が期待できます。中小企業の社宅などにも最適です。財政だけでなく物理的安全保障の面でも、より大きな安全意識を感じられるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings