Your search results

タイのパタヤに高級ブランドのベストウェスタンプレミア初登場

Posted by パタヤグローリー on 2017年3月26日
| 0

bw-premier-collection-in-pattaya

世界中にホテル事業を展開するベストウエスタンホテルズ&リゾートグループは、タイのパタヤにアジアでは初めてとなる新しい高級ホテルのコンセプト“BWプレミアコレクション”の立ち上げとサービス提供を決定しました。パタヤ中心部の南側、海岸沿いのNa Jomtienに建設される8階建てのプロジェクト“BluPhere Pattaya”は、オープンと同時にBWプレミアコレクションのブランドを背負うことになります。

「BWプレミアコレクションは、タイでの高級志向戦略に最適です。地元の魅力を活用した個性的で高級なコンセプトは、世界で人気の各観光地にまで拡大します。BluePhere Pattayaを利用して、BWプレミアコレクションをアジアに初登場させ、尚かつHabitat Group(タイ不動産開発会社)と密接な関係を継続することができて喜んでいます」とBest Westernグループ国際オペレーション部門のマネージングディレクターであるOlivier Berrivin氏は述べています。2014年に設立されたBWプレミアコレクションは、伝統的なベストウェスタンホテルとは異なるコンセプトの高級ブティックホテルブランドです。すでに、サンフランシスコ、ニューヨーク、ニューオーリンズ、バンクーバー、パリ、ローマなどの地域に同ブランドの不動産物件があります。

パタヤは、アジアで最も多い国際旅行者が訪れた都市の一つで、2016年は730万人の訪問者数を記録しました。タイにおいてはバンコク、プーケットに次いで3番目に人気のある観光地であり、今後の数年間で観光客が急激に増加すると見込まれています。

「タイの観光産業は非常に健全な伸びを示しています。国際観光客数は3260万人にも上り、2016年の観光収入は2兆5200億バーツに達しました。当初のタイ政府目標を上回る勢いです。タイは、今後も観光産業を構築する強力で持続可能な基盤を作り上げ続けるでしょう。裕福層の訪問者を呼び込むことで、国内消費額を増やし、平均滞在期間を伸ばし、豊かな観光経済を構築することでタイ王国が将来的に観光利益を享受できるよう協力します」とBerrivin氏は締めくくりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings