Your search results

パタヤのオーシャンマリーナは追加投資でアジア最大のヨットクラブに

Posted by パタヤグローリー on 2017年3月18日
| 0

ocean-marina

パタヤのボート置き場付きコンドミニアムを建設したことで一躍有名になったオーシャンプロパティは、パタヤのオーシャンマリーナヨットクラブとホアヒンのアッサラヴィラ&スイートホテルの改善・改装に、3億5,000万バーツを費やす準備をしていると地元の報道機関は伝えています。

オーシャンマリーナ・ヨットクラブには、60台の新しいバース(船着場)を追加する工事で、総工費は約1億バーツと見込まれます。これにより、オーシャンマリーナリゾート内の収容可能数は385から445に増加します。

11月の中旬に毎年開催されるボートショーイベント「オーシャンマリーナ・パタヤ・ボートショー2017」の開催を控えており、新しいマリーナ・バースは10月までに完成する計画です。「今年で6回目となる年1回の特別なイベントは、オーシャンマリーナ・ヨットクラブのユニット占有率を92%にまで高めた立役者です」と、オーシャンプロパティの管理責任者ティラチャイ・ピピツパポール氏はバンコク・ポストに語ります。

オーシャンマリーナ・ヨットクラブは、すでにバース数で見ると東南アジアで最大のヨットクラブです。停泊できる船の数が増加すれば、アジア地域を回る海洋観光者は当ヨットクラブに立ち寄り、宿泊、修理、メンテナンスなどの機会が増加すると見込まれます。

オーシャンプロパティはホアヒンに、アッサラヴィラ&スイートホテルを所有しており、改装費として2億5,000万バーツの予算を計上します。今年10月、改装工事の完了後はスイスのホテルブランド“Movenpick”によってホテル運営が引き継がれます。

オーシャンプロパティは、これらの動きで経常利益に5億バーツが追加されると見ています。同社は、他にもバンコクのOcean Tower IとII、オフィスビル、パタヤに複数のホテルを所有しています。

パタヤコンドライフを
いいね!でサポート

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Compare Listings