Your search results

パタヤの不動産賃貸利回り保証を検討

Posted by パタヤグローリー on 2017年1月7日
| 0

Pattaya-Wongamat-Bay-300-dpi1

パタヤで不動産デベロッパーが、プロジェクトの早期購入者に賃貸保証を実施するのは、背景に観光客の数が年々増加しているて経済活動が安定して伸びているということですが、唯一の疑問符は、デベロッパーに恩恵を受けるほどの利益が出るかということです。コンドミニアムの管理、運営は通常、経営陣の経験、流動性、全体的な財務力などの要因によって左右されます。賃貸利回り保証を本当に成功させるためには、デベロッパー自身がこれらを強化しなければなりません。

パタヤの不動産開発グループで、賃貸利回り保証を実施しているNew Nordic, Heights Holdings, Kingdom Properties, Tudor Groupの4社について実態を比較してみます。開発会社の名前を見れば実績の観点からは十分に確立されていますが、実はニューノルディックだけがプロジェクトの建設を一貫して完了目標を達成することになりました。他のグループが計画したプロジェクトは建設工事が伸びて、すでに財務の安定性と流動性に関しては取り巻く噂がたくさんあり、やはりニューノルディックだけが良い印象を得ています。さて、建設完了日を満たしていないことを理由に賃貸利回り保証を遅らせることになってもいいのでしょうか。不動産を購入した投資家に疑念の要素があっては保証自体がブレてしまいます。

ニューノルディックは、グループの経営を健全に保ち、9年以上にわたってレンタル保証を提供しています。そのようなスキームは、成功を裏付ける経験とスキルから生じます。他の開発者は、ニューノルディックを追従しますが、長期の賃貸保証実績はありません。

賃貸保証を実施する強みのもう一つが幅広いサービスです。New Nordicは、最少催行人数が少数のツアーを実施する旅行会社との関係を確立しています。グループはまた、レストラン、バー、マッサージショップ、コンビニエンスストアなど、コンドミニアムをより魅力的なものにする他のビジネスを所有しています。

結論として、賃貸利回り保証オプションは優れたセールス手法です。当然のことながら、実績のないデベロッパーについては疑問が残るでしょう。時間の経過とともに、どのデベロッパーでも同じように成功することが判明するかもしれませんが、リスクの要素が増加することはお勧めしません。

パタヤコンドライフを
いいね!でサポート

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Compare Listings