Your search results

タイで引っ越しを考えるときに4つのチェック

Posted by パタヤグローリー on 2016年12月29日
| 0

individual housing in 2017/ Concept finished house with a key, and digits on wooden plates denoting year

タイに移住して環境に慣れたとき、自身が引っ越しをするべきかどうか考えるときにまず以下の4つをチェックしてください。2016年の終わりに向け、新年度の生活も考慮すると私たちは新年に引っ越しを決定する考えに悩まされがちです。日常の家庭生活に加えて、仕事、学校、様々な環境が引っ越しを考えるきっかけとなります。いま住んでる住居、家、アパート、マンション、コンドミニアム等々の様々な選択肢を熟慮するよりも、シンプルに下記内容を読んで決定を下してみては如何でしょうか。

 

なぜ引っ越しをするのか理由をリストアップ

もっと広い部屋に住みたい。逆に広すぎるから最適な広さに収めたい。見晴らしが良いところがいい。新築、バスルームがおしゃれなところ。引っ越しを考える理由は数あれど、リストアップするまで優先度は見えてきません。新しい不動産を探すときには、自分の希望を最前線に置かなければ後悔に繋がります。

 

現実的な引っ越し計画

引っ越しは精神的な衝動に包まれることがありますが、果たしてその引っ越しが現実的に可能かどうか計画を練るほうが大切です。広いユニットで、部屋数を増やすために不動産物件を探している場合は、まず現在の家屋を整理して収納を増やすことで問題解決になるかどうか考えてください。場合によってはリフォーム、一部の家具を取り替えるなどでアップグレードすることができるかもしれません。手数料を加算した様々な費用を計算に入れて、引っ越しを決意して外出する前に、まずは現実的な計画を練ってください。

 

物件販売、賃貸市場をオンラインでチェック

インターネットは、引っ越しを望んでいる人のために大きな情報源となっています。タイの不動産を調べる時間を費やして現在の賃料は妥当かどうか、他の物件と比較することでわかります。引っ越し代金、デポジットなども含めた対費用効果、がキーポイントです。

 

不動産物件の適切な表示、適切な特徴

タイだけに限った話ではありませんが、オンラインの情報や、デベロッパーの説明だけを聞いて過信したが故に、思っていた物件とは違ったというケースが起こっています。不動産物件を売る、貸す側は良い面だけをアピールします。そこで冷静になって、館内施設、ユニットの特徴が適切の表示されていて、それらが実物と相違ないか確かめること、それをせずして住んでからガッカリする状況は防げません。

パタヤコンドライフを
いいね!でサポート

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Compare Listings