Your search results

パタヤ不動産とペット愛好家の裏事情

Posted by パタヤグローリー on 2016年11月19日
| 0

cute-cat-dog

ペットを所有することに関して、タイ人と西洋人の認識が、不動産のルール上どう違うのか興味深いです。タイは、自由で温かみがある場所です。猫や犬のようなペット飼育に向いていると見られる動物は、一般的に寛容なのがタイです。最近、パタヤにコンドミニアムを所有している友人が、ペットを追い出すための最終通告を受けました。パタヤのコンドミニアムを購入したペット愛好家は、どれほど苦しい思いをさせられるのか気がつく一件でした。

 

パタヤのコンドミニアムでペット不要の方針

友人の犬は、過去2年間パタヤのコンドミニアムに住んでいました。メイドと警備員は子犬を飼っていることもすべて知っていました。ある時、建物内の誰かが苦情を入れたことがきっかけです。メイドや警備員は子犬に餌をあげるほど、友人のペットに親しみがありました。

警備員は、匂いもキツくなく迷惑をかけていないペット飼育について、デベロッパーは一切気にしなかったことを伝えていた。このことは、コンドミニアム開発者がユニット購入希望者の対してとるアプローチと同じです。他のユニット所有者が不平を言ってトラブルを引き起こさなければ、一向に問題ないというのがタイ人のスタンスです。

タイでは、ルールが必ずしも明確、簡潔ではなく、解釈によっては逆の意味を持ちます。パタヤのコンドミニアム開発でペットの方針がなくても、ペットが騒々しいか破壊的、でない限り経営者はそれを問題視しない。他の所有者が文句を言わない限り、理論的にはペットとしてウサギ、ハムスター、鳥、猫など、明らかにコントロールが簡単な小型ペットは許されているのが実情です。

 

ペット飼育が可能なパタヤのコンドミニアムを探す

ペット愛好家が目指す一般的な不動産購入の道は、ペットOKのポリシーを持っているパタヤのコンドミニアムを見つけることですが、必ずしも容易ではありません。集合住宅タイプのヴィラ、ペントハウスタイプのユニットがあるコンドミニアム、居住者が決して多くない低層型のアパートなどは、ペット飼育を公式に許可する場合があります。

前述した通り、タイ人は居住者からのクレームさえなければ、ペットを可愛がりたいとすら思っているのです。そこを理解しつつ、ペット飼育の事情を説明しながらコンドミニアムの購入、賃貸についてデベロッパーに問い合わせることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings