Your search results

タイの著作権法(Copyright)ネット新制度

Posted by パタヤグローリー on 2016年10月21日
| 0

copyright-thailand

タイで著作権法による保護の話をしながら、知的財産部門の局長は、タイの著作権法の本質は、複製の禁止、法に基づく適応、著作物の公衆普及であると述べました。商業目的、債権などの例外を除き、禁止の根拠は、所有者の権利の侵害と著作権所有者またはコピーライトの価値損失を防止するためです。

 

著作権は何を守るのか。

著作権は、記事、書籍、ソフトウェア、楽曲、写真、図面、および写真などの創作物を保護の対象とします。

保護されたコピーライトを許可なしで第三者に使われたら

著作権の侵害が判明した場合、著作権者は、罪を停止するために侵害した相手に警告することができる。警察や裁判所で訴訟の申し立てをすることもできます。さらに別の方法としては、裁判所または知的財産の「知的財産の侵害予防と紛争解決」部門のサービスを利用して仲裁を求めることです。

 

インターネットからコピーした画像や記事を使用するには、著作権者の事前の許可が必要ですか

事前の許可を必要とするような情報ソースや画像使用の許可は、商業目的で使用しているかどうか。批評、勉強、研究など、非営利な目的に使用する分には、著作権の所有権の確認や使用する写真や記事の合理的な数は問われません。マナーとしては事前にメールなどで連絡を取ることが望ましいです。マスメディアを通じて放送等をする場合は、非営利な報道等であっても著作権の所有権者からの返答が必要です。

インターネットから映画や曲をダウンロードし、友人と共有するのは平気ですか

無料ダウンロードはウェブサイト上でコピーライトを放棄した旨の記載がないかぎり、楽曲、映画の再生に著作権者の許可が事前に必要と見なされています。有料サービスのホームページからダウンロードするために支払うケースは問題ありません。しかしながら、いずれの場合も、ユーザーはダウンロードしたコンテンツを共有する権利はありません。

 

ウェブサイトから記事や写真をコピーして、Facebook上でそれらを貼り付けたり、LINEに共有することは許可されていますか

記事、写真、画像などのデザインは著作権が適用されます。コピーまたは共有する前に、ユーザーは必ずコピー使用に関して著作権者(ホームページの所有者)の条件を確認してください。しかし、コピーして使用する量が微々たる経済的価値しかないケースで、商用または営利目的でない使用であれば、引用、出典など情報ソースが適切に記入されることで、コピーや共有が著作権侵害に当たらず公正使用であるとみなされます。

インターネットユーザーが著作権を侵害するような動画や曲をアップロードする場合は、YouTube、Google、DTACなどのインターネットサービスプロバイダ(ISP)は、著作権侵害で有罪になりますか

ISPは、裁判所の命令に準拠して著作権者と協力し、Webサイトからコピーライト侵害の材料を除去する場合は、著作権を侵害するものでと見なされません。

出典: Pattaya Today

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings