Your search results

タイ移住パタヤで暮らす

Posted by パタヤグローリー on 2015年11月29日
| 0

タイ移住ならバンコク近郊のリゾート地パタヤで – それは南国リゾートで自由を存分に満喫する生活

朝日の眩しさで目を覚まし、野鳥の声を聞きながら静かな読書を楽しむのがいつもの日課。沈む夕日を眺めながらビーチ沿いを散歩して、夜になればいつものお店でちょっと一杯。日中の暑さを忘れるほど心地よい風が海から吹き抜けると、まるでこの地を選んだ者を祝福しているようにすら思えます。本来、人間とは自然と共に暮らし、誰かに気を使うことなくありのままの自分の時間を満喫する生き物であることに気付かされる、そんな毎日が固く閉ざした心を解放してくれている気さえしてきます。

タイ移住に人気のパタヤとは

ここ、タイ王国のパタヤという街はバンコクから車で約2時間の有名な観光地です。パタヤビーチの名前でも有名ですが世間的に決して良いイメージとは言えません。きっと真実の裏側は飛び込んだ者でなければ見ることができないからなのでしょう。

タイ全土で第2位の経済規模を誇るチョンブリ県の主要都市であるパタヤは、元来アメリカ軍人の駐屯地として発展を遂げました。現在では日本の一部地域を上回るほどの発展を遂げ、未だにどこを見ても建設工事風景が目立つほどその進化のスピードはとどまることを知りません。これだけの巨大都市でなおかつ海沿いで栄えるという奇跡のバランスを維持するエリアは世界でもなかなか類を見ない、ということは津々浦々まで見てきた私が断言致します。

パタヤの移住生活

タイに移住しパタヤで暮らす、それは日本で何十年と真面目に会社勤めを成し遂げられた人にとって、また世間体を気にしながら自分達のやりたいことを抑えて苦楽を共にしたパートナーにとっても、最高の余生を過ごす一つの選択肢となります。たまの休日に行く旅行ですら、時間を気にしながら計画を綿密に立てる現代の日本人にとっては、この楽園での生活は目が覚める出来事の連続です。旅行なんて思いつきでいいのです。行きたいと思えば行く、今日は雨が降りそうならコンドミニアムの施設を存分に使い室内でリラックスする、人生はそれで良いのです。生活コストは日本の約3分の1程度で済みますが、微笑みの国で得られる幸せな時間はお金では買えないほど尊いのです。

夕日

パタヤで暮らす多くの方と接して参りましたが、みんな健康的で生き生きとしています。ちょっとハメを外して夜遊びに出かけようものなら、若い頃にタイムスリップしたかのように朝まで大騒ぎし、翌日目が覚めたら遊びで疲れ切った体を近所のタイマッサージで癒しながらうたた寝する。本当にそんな毎日を綺麗で贅沢な(でも驚くほどリーズナブルな)コンドミニアムに住んで満喫することができます。


タイパタヤでの移住生活を

より素晴らしいものにしていただくため

弊社ではコンドミニアム不動産売買を通じて

皆さまのお力になりたいと考えております

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Compare Listings